趣味のこと

2017年2月 9日 (木)

ぷよテト

懐かしのゲーム「ぷよぷよ」と「テトリス」。

これが一緒に楽しめるようになったのはいつからか。

それはわからないが、Wii U版の「ぷよぷよテトリス」をアマゾンで購入。

完全に自分一人がやりたくて買ったけど、家族みんながハマり、4人で対戦しています。

僕は、テトリスは得意だけど、ぷよぷよは普通の階段積みしかできないレベル。

なので、チーム戦とかをすると、結構勝てない。

娘たちが意外に上手い。
まぐれで3連鎖4連鎖、時には5連鎖を仕掛けてきやがる。

ハンデはあるけど、なかなか勝てない。

3月にニンテンドースィッチが出て、ぷよテトも同時発売されるそうで、定価が4800円だか5800円。

でも、Wii U版ならアマゾンで2500円以内で新品が購入できます。

頭の体操にもなるし、ストレス発散にもいいので、おススメのゲームです。

2016年12月 5日 (月)

写真研究部の端くれとして。

大学時代、好奇心旺盛だった私は、いろいろなものに手を出してきました。

そのうちの一つに、「写真」があります。
一応、中央大学写真研究会(写研)というサークルに属していました。

当時は、デジタルなんていう便利なものはほとんどなく、暗室にこもってフィルム現像や面倒なプリントを酢酸臭い中でやってました。

その頃から写真には元々興味があったものの、なかなか今出ているデジタル一眼レフを購入するに至ってませんでした。が、ついに買ってしまいました。

といっても、初心者用のエントリーモデルですが。
でも、それでも結構高い・・・。

まず、カメラ選びにかなりの時間を使いました。
正直言って、どのメーカーが良くて、どの機種がいいのか皆目見当がつかなかったからです。

当時は、確かペンタックスの一眼レフを持っていました。
他に知ってるメーカーは、キャノン・ニコン・オリンパス・ライカ・・・。

今のデジタル一眼レフカメラ、略して「デジイチ」に関しては、キャノンとニコンの2社で9割以上のシェア。
あとはペンタックス・オリンパス・ソニー・パナソニックなどで残り1割。

レンズは、そのメーカーのカメラに合ったものしか使えないので、このメーカー選びが今後の写真人生を左右するといっても過言ではないということを、ある人から聞きました。
なぜならカメラは本体よりレンズの方が重要だから。
本体は一つでもレンズは複数所有することになるので、キャノンならキャノン、ニコンならニコンと決めないといけないのです。

なので選択肢は、キャノンかニコン。
この2択になりました。
少しだけ、以前持っていたこともあって、ペンタックスに心が揺れましたが、
将来性や実際に電気屋でカメラのシャッターを切った感じで、「ニコン」に決めました。

なんとなくニコンって写研時代からちょっと憧れでもありまして。
「F1」という人気機種を持ってる人とか羨ましかったなあ~。

さて、メーカーはニコンは決まった。

では機種はどうしよう。。。

ここまで決まれば、ネットであれこれ情報収集だ。

どうあがいても、各電気屋で買うよりも、ネットで買うほうが安く上がるからだ。
2~3万くらいの違いはざらにあるので、ここは絶対にネットだ。

まずは、お決まりの価格ドットコムで機種と最安値をチェック。
次いで、ニコンのサイトで各機種の販売年月日とスペックのチェック。

一応、ニコンのデジタル一眼レフを買おうか迷っている人のために書きますが、
お近くの量販店では、最新の機種しか買うことができません。
数年前の機種はもう店頭には置いてありません。

当然、最新機種はネット上でも高いので、ちょっと前の機種が値段的にもおススメです。

私の場合は、ちょっと前のD5300とD3200、割と最近のD3300、現行のD5500あたりで悩みました。

ちなみにニコンのイメージキャラクターは小栗旬です。

だからどうしたという声が聞こえてきそうですが、プロが言うには、このイメージキャラクターやCMでカメラを選ばない方がいいということです。

なんやかやで、コスト面も考慮して、D3300にすることにしました。
結局、ちょっと高めだったけど、安定のアマゾンで買うことに。

ということで、今現在、カメラの勉強中です。

機能が多すぎて、まだ使いこなすまでには当分時間がかかりそう、
かつ、自分の思い通りの写真をはやく撮りたいなあと思います。

1年を通して、たくさんの場面で活躍するだろうし、老後の趣味にも最適なので、楽しみです。