ろばた大将 炙り屋

2015年6月18日 (木)

サーモンのハラス

ちょっとお茶漬けの上にトッピングと思って、サーモンのハラスを、例の「ろばた大将 炙り屋」で炙ってみました。

イメージ的に、なんかこのハラスって柔らかくて、美味しいイメージだったので、炙ったら絶対に美味いよな~と素人考えでやったのが間違いでした。

簡単に言うと、ハラスとは脂のかたまりみたいなものです。

なので、当然火で炙ると、炎上しちゃいます。

火を消してもまだ炎が上がってるし、水を注げば逆効果。

しかも焼き上がりは食べれる部分が異様に少なくて、ほとんど火に注いだ脂として消えてしまいました。

みなさんも、くれぐれも、ハラスの炙りには気をつけてください。

多分、バーナーとかで直接炙るのがベストなんだろうな。。。


さてと、気を取り直して、今夜は焼き鳥でも焼こうかな。

とりあえず今年は、この「ろばた大将 炙り屋」」を使いこなせるようになるのが目標です。

アウトドアのことはそれからです。


〈今まで、「ろばた大将 炙り屋」で炙った・焼いたものの中でウマくできたもの〉


①とうもろこし

②しいたけ

③ウインナー(アルトバイエルンが美味かった。多分シャウエッセンも美味いよ!!)

④餅

⑤焼きおにぎり


今回のハラスは失敗。

そろそろ、焼き鳥、焼肉マスターにならないとなあ。

決め手はタレだから、大同門の焼肉のたれと焼き鳥竜鳳の秘伝のたれを購入しないとダメか。まあ自分で作れたら言うことなしなんだけど。

まあ、とにかくこの「炙り大将」は楽しいし、美味しいものができるかもしれないワクワク感もあって、しかも本当に美味しいものができたときの達成感は最高ですよ!!

なんか、このブログから炙ったいいニオイが漂ってきたような気がしてきました。

また、何か炙って、成功したらブログで紹介します。