超☆健康情報

2013年11月21日 (木)

【補足】疲れにく歩き方

こちらも重要なので、補足いたします。

「歩き方」です。

こちらは手短に、
体の重心を真ん中よりも後ろに置いてください。(横から見た場合)
そうするだけで疲れにくくなります。
余計な筋肉が使われないからです。

決して重心を前に置いてはいけません。
すぐに筋肉がパンパンに張り悲鳴を上げてしまいます。

猫背や頭が前に倒れていると自然に前方重心になります。
後方重心のときは、胸が張られ、頭の位置も真ん中にあります。

男性なら、おしっこをするときに足のどこに体重がかかっているかチェックしてみて下さい。
ほとんどの場合つま先側にかかっていませんか?
それを、かかと側に体重移動させると、無駄に足の筋肉に力が入りません。
これは体の筋肉のこわばりの変化が即座にわかる方法で、男性にしか試せないのですが、やってみる価値はあります。

とにかく早くたくさん歩くときほど、重心は後ろ気味です。
この差が、筋疲労の差になりますので、どうぞお気をつけください。

私はディズニーに行ったときに2日間で3万歩あるきました。
さすがに疲れはしましたが、普段ほとんど歩いていないにもかかわらず、次の日に筋肉痛になることはありませんでした。
この歩き方をしていたからです。

また、この歩き方を知らなかった何年か前の青森で行われた友人の結婚式のときに、青森駅から会場まで徒歩20~30分かけて早歩きをしたら、その時は、すぐに筋肉痛が両足のすねに出ました。
他にも色々な場面で筋肉痛になったことが多々ありますが、ここ最近はなっていません。

私の経験上では、立証済みですので、ぜひお試しください。




【補足】太りにくい食べ方

今までのまとめとして、太りにくい食べ方をお伝えします。

まず、既存の良いとされている食べ方を一切やめてみましょう。
そして、食事自体を楽しみましょう。
その際に、いろいろなルールを設けるのはやめて、自分の食欲に従って、ただ「美味しい美味しい、楽しい」と思いながら食べましょう。
決して、「あ~あ、これを食べたら太るよな~。でも食べずにはいられない。」だなんて考えないでください。

食べたいと思ったらそのときに食べる。
しかも楽しんで。

それだけでいいです。

あとは食前にお水を飲むことをおススメします。

この2つを守っていただければ、あなたの消化器官は活発に働いてくれます。
消化器官が働き者であれば、まず太ることはありません。
なによりも食欲が満たされているのですから、あなたの表情は今よりも明るくなります。

実は、健康というものは、しごくシンプルでとても簡単に手に入れられるのです。
それを昨今の情報過多、広告産業の過剰なあおりで消費者は混乱というより洗脳されています。

このブログを読んでいる方は、大体私の考えをご理解されているかと思いますが、まずは、人間にとって最も大事な脳内環境(=心、精神面)を良くすることです。
それによって、その後に起こる体の変化が大事なのです。
脳に良いことを与えれば、体は良くなり、脳に悪いことを与えれば、体は悪くなります。

脳に悪いことというのは、簡単に言うとストレスです。
ストレスとは、自分にとって本能的に嫌なこと、受け入れがたいことです。
人のいい人ほど、ストレス度は高いので要注意です。

これらの説明で、ストレスによって太りやすくなる原因がわかるかと思います。
それは、消化器官の機能低下を引き起こしてしまうからです。
さらに、満腹中枢が働きにくいために、食べても満足感が得られにくいことが考えられます。

まずは「食事」を一番のリラックスタイムにするために、なるべく自分の好きなものを食べるとか、食欲をしっかりと満たすことを目的にされてください。

食事を抜くというのは、非常に脳にとって不健康です。
1日1食ダイエットが流行していますが、私はおススメしません。
なぜなら、脳が満たされないばかりか、「我慢」というもっともやってはいけない行為が毎日行われるからです。

他のテレビや雑誌でもてはやされているダイエット法もほとんどすべてこれらの理由により支持することができません。
何よりも、お金が絡んでいるもの(CMや通販など)は、どうしても利益先行の考えが伴いますので、信用度が逆に低くなります。

あ、言い忘れましたが、いくら食欲を満たすためとはいえ、毎食2~3人前食べた場合、どんなに楽しんで食事をしても物理的に太ってしまいますので、そこだけは1~1.5人前でお願いします。

もうすぐ、クリスマスやお正月が来ますが、美味しいものがたくさん並ぶ場であなたが何を思って食べているかが重要です。(食べ終わった後も)
それによって、あなたの胃腸の働き方に差が出てくるのです。
胃腸がたくさん働いている人は、同じだけ食べても太りにくいし、あんまり食べていないのに、胃腸が働いていない人はなぜだか太ってしまうのです。

食事を心の底から楽しめるようになると、それだけで人生の幸せ度が上がった気になりませんか?
余計な、半ば間違った情報を頭の中にこびりつけておくよりも、いったんクリアーにして、楽しんでお食事をしてほしいと思います。

2013年11月17日 (日)

【補足】ストレッチについて

ストレッチ=健康のために必要!!

と思われがちですが、これはちょっと補足が必要なのでお話しします。
ストレッチとは、基本的に筋肉を伸ばすことです。
筋肉を考えるときは、伸びるか縮むか、柔らかいか硬いかという判別だけでとりあえずはいいです。

個人差はありますが、ストレッチをすればいい筋肉と、ストレッチをしなくてもいい筋肉があることをまずは理解してください。

それを考える上で、拮抗筋については知っておいた方がいいでしょう。
要するにどこかの筋肉を伸ばせば、その裏側にある筋肉は縮みます。
また、筋肉を縮ませれば、それの裏の筋肉は伸びます。

この裏側にある筋肉を拮抗筋と言います。
まあ、シーソーみたいな感じで2つの筋肉が協力し合って骨格を動かしていると考えてください。

そしてストレッチをしたほうが良い筋肉というのは、普段縮まらせて使うことが多い筋肉です。
ありがちなのは、腕の力こぶの筋肉(上腕二頭筋)とか三角筋、大胸筋です。
ただし、その人の使い方によって、縮んでいる筋肉はまったく変わってきますので、絶対というのはありません。

まずは軽くどこかの筋肉を伸ばしてみて、伸びが悪そうなら、気持ち良さが感じられるところまで伸ばします。そして、気持ち良さがなくなったら戻します。(長すぎると筋肉を傷める恐れがあります。まずは3~5秒程度でやるか、止めないで小刻みに動かして行うようにしてください。)
これが健全なストレッチです。
決して、どこまで伸ばさなきゃいけないとか、10秒以上伸ばし続けなきゃとか、余計なルールを設けてするのはやめましょう。

単純に気持ち良い動作だからやる。これでいいです。というかこれがいいんです。

そして、普段伸びている筋肉は、縮めた方がいいです。
縮めるという動作は、基本的には筋トレの動きになります。

なので、
縮んだ筋肉=ストレッチメイン 
伸びた筋肉=筋トレメイン

が正解です。

ただし、ストレッチや筋トレが面倒だと思う人はやらないほうが良いでしょう。
それは嫌いな人にとっては、ストレスになる行為だからです。
ただ単にストレッチが気持ちいい、筋トレが心地いいと感じる人にだけおススメします。

義務的にやらないこと!
頭で決めないで、体で感じること!!

これを念頭にやってみて下さい。

【超☆健康情報vol.12】疲れている部位の判別法

今回は手短に。
自分で簡単に疲れている部位や、今後痛むかもしれない場所の判別法です。
これは、超簡単でご自宅で10秒でできます。

立って、その場で軽くぴょんぴょんとジャンプするだけ。

ジャンプすると、疲労箇所が顕著にわかります。
頭が痛いときは、頭がより痛み、足腰が疲労しているときは、重さや痛みを感じます。
肩周りのときもあれば、首や肘や膝などに限定して現れるかもしれません。

よく、自分自身では、どこが疲れているかわからないという方がおりますが、そういう方にオススメです。
私もたまにやりますが、すぐにつらい場所がはっきりとわかります。

ちなみにこれをやって痛みやつらさを感じる部位は、血液の循環がよくない場所と考えてください。
なので、そういった場所へ血流を良くするためにも、手のひらで温めたり、さすったりされるといいでしょう。
触ってみると大体、ヒンヤリと冷えています。
冷えている場所は温かくし、熱くなっている場所は冷やす、これが体の基本です。

寒くなってきた今、体は気候の変化に対応しようとして、忙しいです。
こんな時に余計なストレスを脳に与えると、体は疲れやすくなりますし、免疫力が低下します。

こんなときこそ、心と体をぽかぽかに保ちたいですね。

2013年11月 9日 (土)

【超☆健康情報vol.11】脳を楽しませる

今回は、最近よくお客さんにお話しすることです。

それは、脳を楽しませれば健康になるということ。
逆に、脳を苦しませれば不健康になります。

察しのいいあなたならお気づきでしょうが、脳を楽しませるということと苦しませるということがどういうことかといいますと、例を挙げて考えてみましょう。

超大好きなこてこての濃厚デミグラスハンバーグ(+ライス)と、あまり好きではない超あっさりヘルシーサラダうどんがテーブルの上にあるとします。
あなたならどちらを食べますか?
そして、その時に何を考えますか?

問題は、どちらを選ぶということではありません。
どちらを選んでもいいのです。
ただ、その時に何を考えて選んだのかが問題なのです。

A君は、ハンバーグに目がないので、「うわ~、超ウマそう~♡早く食べたい~」ということだけを考えて食べ始めました。
そして食べ終わってからも、「最高~!!しあわせ~。ごちそうさま~。元気が出たなあ。」とだけ思いました。

Bさんは、本当はハンバーグを食べたいのだけれど、最近太ってきたので、仕方なくサラダうどんを食べました。「あ~、ハンバーグ美味しそうだな~。でも今の自分には選ぶ余地はない。うどんでもお腹は満たされる。」と思いながら食べたけど、食べ終わってからも横にあるハンバーグが気になって「あ~あ。やっぱりハンバーグ食べたかったな。よし、痩せたら絶対に食べよう!!」と思いました。

Cちゃんは、なんとなくサラダうどんの方が健康にいいんだろうな~と考えながらも、美味しそうな匂いにつられてハンバーグを食べました。でも食べている最中も、食べてからも、ちょっとした罪悪感を捨てきれません。
まるでハンバーグを食べると不健康になると思い込んでいるかのようです。
なのに、食欲に負けて食べてしまいました。
そして少し後悔しています。

この場合、A君、Bさん、Cちゃんの中で、最も食後に胃腸が活発に働いてくれる人は誰だと思いますか?

ざっくりとした問題なので、精密なことは言えませんが、当院では、確実にA君を推しています。
なぜなら、一番食事を楽しんでいるからです。
A君の脳は、大満足で、胃腸への指令もスムーズにいきます。

ずっと健康でいたいのなら、最低限、食事だけは楽しまなければいけません。
食事=楽しいもの=脳を楽しませるもの=体を元気にしてくれるもの
という位置づけにしておかないといけません。

ダイエットというのは、そもそも体を健康にすることです。
良いダイエットには、楽しい食事が欠かせません。
楽しくない食事をするダイエットは、本当のダイエットとは呼べません。

私自身、以前は、楽しくない食事をしていたように思います。
なので、そのときのダイエットは続けることができませんでした。
でも、今は非常に楽に体重維持をしております。

食事をしているとき、あなたの目尻は下がっていますか?
笑っていますか?
目はつり上がっていませんか?
怒ったまま食べていませんか?
仕事の心配をしながら食べていませんか?
誰にも言えない悩みを抱えたまま食事をしていませんか?


 『食事は楽しく美味しく!!』

これが健康への第一歩です。

2013年10月31日 (木)

【超☆健康情報vol.10】健康であり続けるために

最近の健康法って、何かをプラスするか、もしくはマイナスするかして、やることが多いように思いませんか?

プラスするものとしては、健康器具や高級寝具やサプリメントとか、加圧トレーニングやジムで行うトレーニングが代表的です。
ちなみに、こういったものはお金や時間が費やされます。あと根気とか継続や忍耐も試されます。

マイナスするものとしては、食事制限であったり、お酒を控えたり、禁煙したり。。。
こういったものは、かなり強い意志が必要となります。
まあ、どちらにせよつらいわけです。

健康法としてどちらがいいのかというと、どちらもやり過ぎた場合、健全な方法ではないと言えます。
その根拠としては、あまりにもやってることが短絡的すぎるし、付け焼刃的すぎるからです。
本当の意味で健康になりたいのであれば、お金も時間も根気も必要ないものこそが、本来の健康法となります。

簡単に言うと、つらい、苦しい、続かないというものは良い健康法ではないということです。
なので、そういったものはすぐにやめた方がいいです。
そしてやるべきことは、心から楽しめることをしたり、心地よく感じられることを今現在の生活の中に少しでも増やすということです。

なので、食べるから太る、食べるから不健康になるという、元も子もない考えはNGです。
基本的に、食べることは楽しいですし、心が満たされる行為です。
もし、今現在の食事が、楽しくなかったり、心も体も満たされていないとしたら、それはやはり健康から離れていってるかもしれません。


人の体は、脳による支配下の元、働いています。
あなたが楽しんでいないとき、脳も楽しくありません。
脳が楽しくないと、活発な体の活動は望めません。

胃腸が本来の活動の50%くらいしか動いてくれなかったり、すい臓が摂取した糖分を分解する酵素(インシュリン)を出してくれなかったり、摂りすぎた塩分を中和させるために起こる機能(血中に水を集めるためにのどが渇くなど)が働かなかったり、肝臓がアルコールを分解する機能が低下したりということが起こるのです。

ここでは食事を例に挙げましたが、健康により近づきたいのであれば、まずは何かをする前に、脳→体という図式を少しだけ意識してください。
そして、これは自分には合わないなとか、無理してるなとか、楽しくないな、気持ち良くないなと感じたときは、無理に続けない方がいいです。

健康のためにやってることが実は、あなたにとってストレスになっていて、それが体の方へ悪影響となっている場合もあるからです。
なので、まずはストレスが体にとって良くないということを理解することです。
そして、それは、ストレス→脳→体という具合につながるからなのです。

現代の、あらゆることに恵まれた環境にある日本でも、一向に減らないのがストレスです。
ストレスは目に見えないし、自分でも気づいていない場合があります。
そのストレスに即座に察知できる能力が必要となります。
その時の判断基準としては、楽しいか、楽しくないかを考えるといいと思います。

今回は第10回ということで、長くなりましたが、とても大事なことなので、頭の隅ではなく頭の中央に置いておくようにしてください。
それではまた。

※毎回不定期の更新で申し訳ございません。

2013年10月27日 (日)

【超☆健康情報vol.9】疲労の2パターン

あまちゃんの中で、「海に潜ったときは、余計なことを考えるな。」
「脳で酸素をたくさん使ってしまうから、長く潜れないんだ。」
というセリフがありました。
酸素というのは、血液中にあるので、酸素=血液というふうに捉えてください。
要するに、血液(酸素)が脳に集まれば集まるほど、呼吸が続かなくなるということです。


前置きはこれくらいにして、人が疲れるパターンは、2つに分類できます。
①体や肉体が疲れる場合と②脳や頭が疲れる場合です。

結局、頭脳が体を支配しているので、脳や頭が疲れると、体も疲れます。
なので単なる肉体疲労と頭脳労働による体の疲労は似ているようで根本的には違っているのです。

頭を普段からたくさん使ったり、ストレスが多かったり、悩みや心配事や後悔が多い人は、脳でよりたくさんの酸素(血液)が必要となります。
それによって、脳以外の部位で酸欠状態になり、痛みや疲労が発生するという構図です。

これと比べ、脳よりも体をたくさん使う人は、純粋に肉体疲労を起こします。
このとき、筋肉が硬くなったりしますが、こういう人は、血管の数が多いので、回復も早いです。

またお酒をたくさん飲めば、肝臓に血液が集まりますし、たくさん食べれば胃に集まります。
そうすると、他への供給が薄れてしまい、他でトラブルが起きやすくなります。(もちろん、胃や肝臓がオーバーワークになればダイレクトにその部位が疲弊します。)
例えば、たくさん食べた後に眠くなってしまったりするのも胃に血液が集まり、脳への供給が減り、酸素不足になったことが関係しています。

まず、自分の体や健康のことを考えるときは、血液の分配のことを考えてみましょう。
その上で、今どこに血が集中しているかを把握できれば、足りないところへ促すこともできます。

要するに体にとって、血液と酸素が適度にまんべんなく行き渡ることがとても大事だということです。


2013年10月 5日 (土)

【補足】目について

近視になるメカニズムを先ほどお話しいたしましたが、他に、角膜の凸凹により、うまく像が目の奥に届かないこともあります。
私みたいに近視が強かった人の角膜はかなり凸凹で、レーシックではその凸凹を平らにする作業がなされます。
そうすることで、まっすぐと視覚情報が届き、見えやすくなるのです。

また、整体院で施術をすると、目頭を触るのですが、この部位の硬さにはかなり個人差があります。
ここが硬いということは、目への血流が限りなく悪くなっているので、目の疲れが出やすいはずです。
人によってはものすごく柔らかい部位でもあるので、自分の硬さが標準ではないということを覚えておいてください。
さらに、目頭を押すと水が溜まっていて、それが吐き出される音がする人も多いですが、そういった人も水分の流れが悪くなっているということで、眼筋の運動が不足していると考えられます。
先ほどお話しした、眼筋トレーニングをするか、自分の指でたまに軽く押すかして流れを良くしておきましょう。


【超☆健康情報vol.8】視力

久しぶりの更新になります。

今回は目のことについてです。
私自身、小さいころから視力が弱かったので、目についてはいろいろと実体験に基づいた話ができます。

例えば、レーシックも経験済みですし、アイメディカルの治療器も経験済みです。
コンタクトレンズも、ハード、ソフト、使い捨てとすべて使ったことがありますし、メガネもプラスティックレンズ、ガラスレンズどちらも使ったことがあります。

なので近視の方についてはいろいろと共感できる部分が多いです。
今現在は、もうかれこれ10年前くらいにやったレーシックで裸眼1.2~1.5をキープしております。
ただしそれまでは、近視が年々進みすぎて、度数の数値が10を超えていました。

近視が進む理由としては、目の周囲の筋肉の使い方がどうしても関わってきていると思われます。
簡単に言うと、近くのものを見るとき目の筋肉は収縮して短くなります。
逆に遠くを見るときは弛緩します。
要するに、ずっと近くのものばかりに視点を当て続けることで、筋肉が収縮し、血管が圧迫され、血流が悪くなり、目を構成する細胞に栄養が行かずに、弱体化してしまうというのが、近視の簡単なメカニズムです。

ではどうすればよいかというと、やはりたまに、可能な限り遠くに視点を置くといいです。
一番いいのは、夜空に浮かぶ星を見ることです。
星に視点が合うということは限りなく眼筋が緩みますので、いいトレーニングになります。

スマホで何時間も画面とにらめっこしたり、パソコンのモニターを見続けたり、テレビを近距離で見ることが近視への第一歩です。

また、老眼については、近くのものにピントが合わないことで起こる現象で、これは眼筋の収縮力が弱いとなります。
近くのものにピントを合わせるには、眼筋が収縮しないといけないのです。
ですので、老眼予防としては、あえて自分の手を近くに持ってきて、指紋や手の平のしわを見る訓練が必要となります。

近視・老眼ともに予防したいのであれば目の前に人差し指を立てて、部屋の中で一番遠い場所と指を交互に見るといいです。
まあこれは使い古されたやり方ですが、わりといいです。

人間にとって視覚というのはとても大事です。
目から入る情報量というのはとても多く、脳も目との連携で働く部分が多いからです。
なので、目はとくに大事にしていきたい部位です。

10月10日は目の日です。
日頃忙しいあなたも、せめてその日くらいは、自分の目のことを考えてあげてください。



2013年9月17日 (火)

【超☆健康情報vol.7】痛み

朝晩肌寒くなってきましたね。
そして台風や大雨。
気候が変化するということは、体内環境もそれに伴い変化するわけで、知らないうちに体力を消耗してしまいます。
こういう時は普段より多めに睡眠をとったり、スタミナがつきそうな食事を積極的に摂るといいです。

では、第7回目のテーマ「痛み」です。
まず、ほとんどの人が痛みがあることを不快に思います。
そして、不安になったり、悩んだりしてしまいがちです。
痛みがあるのに、超元気でいられる方が異常かもしれませんね。

でも、痛みがある時こそ、痛みに屈してはダメです。
これは、痛みがある時に、痛い痛いと落ち込んだり、体に何か良くないことが起こっているのではないかと不安に思ったりすることで、その痛みが引きにくくなるからです。
このことは自律神経の働きをわかっている人なら、理解されていると思います。

要するに、脳の中に不安や悩みやいら立ちがあると全身の血管が委縮してしまい血流が悪くなってしまいます。
このとき働いているのが主に交感神経です。
痛みというのは神経が感じるものですので、神経の中を通っている血管内の血流が悪くなると、痛み反応が出やすくなるという仕組みになっていると考えてください。

神経内の血管内の血流を悪くする原因はいろいろ考えられます。
先ほど挙げた自律神経が交感神経優位状態が強く続くこともその一つです。
これは日頃からストレスを強く与えられている人の神経状態です。
また筋肉のこわばりや、関節や骨の位置が正しいところにないときにも神経内血流は悪くなります。

神経症状で一番多いのがしびれです。
次いで、痛い、くすぐったい、かゆいという反応も、大なり小なり神経が感じるものです。
このような症状が出ているときは、血流を良くしてやることが最善の治療法だと言えます。
自分の血流が悪いと思われる場所というのは、触ってみるとヒンヤリしていることが多いです

なのでまずは、自分の手のひらを置いて、じんわりと温めることからはじめてください。
それからさすってみたり、ポンプのように筋肉を軽く押したり離したりしてみることも効果があります。
あとは痛いからと言って、必要以上にマイナスのことを考え込まないことです。
痛いのは血流が悪いからだと割り切って、いつかは治るくらいに気軽に考えていると治りやすいです。

人間の頭というのは、恐ろしいほどにありもしないことを考えるのが得意なので、痛みがある時に、ビックリするくらいマイナス方向に想像力を働かせてしまいます。
そして、その通りにしてしまうと、痛みは長引きます。
早く痛みから解放されたければ、痛みのことをマイナスに捉えて考え過ぎないことです。
考える暇もないほど何かに熱中していたり、もしくは痛みを体の摂理と楽しんだり(まずこんな人はいないでしょうけど)することで、自然とスピーディーに解放されます。

ずっと痛みが消えない人は、その痛みを嫌っていたり、不安で仕方なかったり、どうしようどうしようと悩んでいます。
ここから抜け出すことができれば、回復は非常に早いので、ぜひこちら側の考えで対処してください。
今までとはちょっと違った回復モードに入れると思いますよ。