健康のこと

2017年2月 8日 (水)

血と水と気と

体を健康に保つうえで大事なのがタイトルの3要素、

いわゆる「気・血・水」です。

東洋医学では、気・血・水の順番になっています。

これはどれが一番大事というわけではなく、3つとも超重要です。

とは、あまり難しく考えずに、ここでは空気、つまり酸素と二酸化炭素と考えていきましょう。

呼吸・げっぷ・おならなど、体内には気体が存在します。

この流れが滞ると体調が悪くなります。

はそのまま血ですので、一番わかりやすいでしょう。

体に必要不可欠な栄養を運んだり、気体である酸素や二酸化炭素を運ぶ役割もあります。

わかりにくいのがです。

要するに血以外の液体全般のことで、

例えば、唾液・胃液・リンパ液、涙、尿、汗のことです。

これ以外にも細胞内にある液体、脊髄の中にある脊髄液なども含まれます。

この水の流れが悪かったり、滞ることで、たくさんの症状が出ます。

片頭痛なんかは、その典型です。

この3要素の流れが悪いときに、症状があらわれます。

そういった意味で、筋肉をほぐすことは、すべての流れを良くするし、

呼吸が深くなれば自ずと気の流れが良くなります。

体を無理なく動かすことは、液体の流れを良くするので、血と水の循環に役立ちます。

激しい運動で筋肉を強張らせることは、諸刃の剣で、逆に流れを悪くする場合もありますので注意が必要です。

当院の施術を受けると、全身の適度な運動をやったのと同じ効果が得られます。

3つの流れが普段よりも良くなり、一度流れがつくと、長持ちします。

力まかせのマッサージでは、筋肉の質が悪くなり、最初よりも硬くなります。

すると流れが悪くなるので、すぐにまたつらい症状が出ます。

自分で体をケアする際も、タッチは、あまり強くしない方がいいです。

強くもむとだるくなったり、手が疲れます。

だるいというのは、血や水の流れが悪い時に出ます。

体調の悪い時は、3要素のうちのどの流れが悪くなっているのかを考えましょう。

もし水であれば、軽く汗をかいたりすると改善するかもしれません。

脇や鼠径部のリンパ節付近の軽い運動で流れが良くなり、症状が軽くなるかもしれません。

当院では、あまり東洋医学東洋医学した雰囲気はありませんし、西洋医学の要素もほとんどありません。

どちらにもメリット、デメリットがあると考えています。

そのうちの良いところだけを選んで、実際に使えそうなものだけを提供しています。

皆さんも是非、気血水を意識してみてください。

2015年9月 4日 (金)

心にも栄養を。

最近施術をしていて感じるのが、100%肉体疲労!という方には、滅多にお目にかかれないということです。

もし仮に、100%肉体疲労なら、回復は早いです。
施術直後に元気モリモリになったりします。

また、肉体疲労は美味しいものを食べたり、温泉に入ったり、充分に寝ることができれば、回復します。

そこにきて、寝起きがつらいという方は、肉体疲労よりも精神疲労が強いと言えます。

肉体疲労と精神疲労の大きな違いは、「寝て→どうなるか」です。

肉体疲労は、寝ると前よりも回復しますが、
精神疲労は、寝てもまだ疲れています。

これには、睡眠の質や脳の働きが関係しているのですが、ここでは簡単にご説明します。

◎肉体疲労→寝ている間に脳が休んでいる→寝起きラク!

△精神疲労→寝ている間に脳が稼働→寝起きツライ

この寝ている間の脳のスリープモードは電化製品のスリープモードとは違い、かなりのエネルギーを消費します。
だからこそ、朝方にはぐったり参ってしまいます。

これが、精神疲労からくる、寝起きのつらさのメカニズムです。

では、どうすれば精神疲労を回復できるかというと、タイトルにあるように「心に栄養を与える」ことで回復できます。

この場合の栄養とは、楽しい、幸せ、心地よいをより多く感じることです。
自分の思い通りに事が進んだり、ストレスがないときなんかにも心に栄養が与えられています。

これらのことが欠けたとき、精神疲労が出てきます。

自分の思い通りにならないとき、過緊張状態が続いたとき、ストレス過多の時間が増えたときにも、やはり出やすくなります。

だからこそ、ここ5年~10年くらいの間に「癒しブーム」が到来し、様々な癒し市場が確立されているのです。

旅行会社が「ほっこり温泉旅」なんていうキャッチコピーを作り始めたのも、まだそれほど昔ではありません。


もし、なかなか体の疲れが取れないときは、心の疲れが残っているととらえてください。
心・技・体の順番から見ても、「心」は重要です。

当院では、体が気持ちいいと感じる施術(※疲労度中の方にはイタ気持ちいい、疲労度大の方には痛い)を通して、脳を喜ばせ、心に反映するスタイルを採っております。

心や体に良い影響を与えるための方法は、人の数ほどたくさんあります。
まずは、一つ、自分に合った方法を見つけることが大事です。

2015年7月30日 (木)

ラジオ体操

昔からある健康法「ラジオ体操」

小学生が夏休みに入って、朝ゆっくり寝てられるかと思いきや、とんだ伏兵が。。。

ということで、毎朝6時に起きて、ラジオ体操へ。

それにしても第一は覚えてるけど、第二はところどころ忘れてるもんですね。
てか、第一とかぶる動作多いし・・・。

でも、まあ晴れた日なんかはすがすがしいですね。

結構、いろんな筋肉が伸びて、気持ちいいですし。

そういえば小6の頃、たまたま体育でラジオ体操をやってて、なんか気持ちいいから目一杯ストレッチ効かせながらやってたら、先生に見られてて、運動会の檀上の上でラジオ体操をやる係に抜擢されたことを思い出しました。

それにしても、ラジオ体操は余談(前置き)が多いですね。
大人の話は長い!の典型ですね。
あの余談、子どもたちは誰も聞いてないので、是非、子供用のラジオ体操番組なんていうのもあってもいいなあと、また大人らしくないことを考えちゃいました。

例えば、妖怪ウォッチの声優さんたち(ウイスパーとかジバニャンとか、ヒキコウモリ)が、ラジオの前の子供たちに、話しかけるとか、もうそれだけで、ラジオ体操に行くのが楽しくなってしまいますよね。
晴れの日は晴れ男がしゃべったりホノボーノがしゃべるとか。
ヒキコウモリがラジオ体操に来たというギャップだけで、盛り上がるかも。

あと、しんちゃんとかコナンとかドラえもんなどの小学生が好きそうなキャラクターがほんの一言、言うだけでテンション上がっちゃいますよね。

まあ、朝から「犯人はお前だ!!」とかはなしですけど。

とりあえず今週は雨がなさそうなので、良かったです。

2015年7月25日 (土)

体重

長い間、体重がなかなか50㎏台にならなかったのですが、ここ最近で59.8㎏、59.8㎏ときて昨日は59.2㎏をマークしました。

そんな私も、20代前半の頃、東京のスパラクーアで働いていた時に、50.2㎏くらいまで体重が落ちたことがありました。

仕事が超ハードで、とにかく食べるより寝たいという感じだったので、1日に1~2食という日が続いたことが原因でしょう。

さすがにこの時は、これ以上体重を減らすのはまずいと思い、食べるようにし、40㎏台になることはありませんでした。

自分のベスト体重はおそらく54~56㎏くらいなんでしょうが、なかなか遠い。

まずは結婚前の体重58㎏目指して、海通いでもしようかな。

2015年7月 4日 (土)

たまには健康の話でも

最近、健康情報の記事が減ってるので、今回は「栄養」について。

「栄養」と言ったって、一般的な情報なら誰もが知ってて、面白くもなんともないので、あまり知られてなさそうなところを。

まず、「栄養」の源は、この大地にあります。
つまり土・海・太陽です。
これらによって栄養は作られています。
なので、栄養のあるものを食べたければ、土から取れるもの、海で取れるもの、太陽の光を浴びたものを摂ることが大事です。

ここまでは、誰もが理解していることだと思います。
安心してください、想定内です。

ここからです。

みなさんは、肉食動物が何を狙って食べるかご存知でしょうか?
大体において、草食動物を狙います。

なぜか?

草食動物が弱いからでしょうか?

いえ、違います。
草食動物が食べるものを考えてみてください。
おもに植物ですよね。
土に生えた草や、木の葉や実ですよね。

つまり栄養がたくさん含まれたものばかりです。

肉食動物は、直接植物を食べることは少ないため、それを草食動物の胃腸から摂取しているのです。

だから、草食動物を本能的に狙うのです。
彼らだって栄養が欲しいからです。
生き延びるために。
しかもちまちまと草木を食べるのではなく、てっとり早く、ごっそりと。

ここが草食動物と肉食動物の大きな違いです。

これは人間にも当てはまります。

弱肉強食のピラミッドにおいては、人間はそれほど強くありませんが、道具をつかえたり、頭を使えるので、ピラミッドの頂点に君臨できています。

なので、人間も草食動物を食べます。
また、場合によっては肉食動物も食べます。

でもよく食べる、牛・豚・鳥などは草食ですよね。
これらの動物の方が栄養価があるからです。
それは彼らが食べたものが大地の恵だからです。

魚介類も同様に海の恵です。

野菜や果物はそのまま大地の恵というわけです。

まず、塩分がどうとか、糖分がどうとか、コレステロールがどうとか、そういうのを考える前に、その食べ物の成り立ちを考えてみるべきです。

今現在だと、化学調味料と言われる、要するに人工的な食べ物が増えています。
これによって、病気が増えているのです。

病気が減らない理由がここにあります。

昔の人よりも、現代の人の体の方が脆弱な理由もここにあります。

昔はそれこそ、本当の意味で悪い食べ物も多かったのですが、天然のものも多かったのも事実です。

農薬も化学物質です。


健康のために必要な「栄養」

しかし、今現在では、食べものはたくさん食べているのに栄養失調であるという人が多くいるそうです。

スーパーに行ったとき、どこのコーナーにいる時間が多いか考えてみると面白いです。
スイーツコーナー・お菓子コーナー・アイスコーナー・レトルトコーナー・カップラーメンコーナー・総菜コーナー・生鮮コーナー・パンコーナーといろいろある中で、どこでたくさん買い物かごに入れるかで、その家族の口に入るものが決まります。

私自身、「ろばた大将」を買って以来、完全に野菜・魚介・精肉コーナーにいる時間が増えました。
今までは、スイーツ・アイス・お菓子・ドリンクコーナーばかりでしたけど。

化学的な食べ物は、間違いなく太ります。
体にもいいわけがありません。

非化学的な食べ物は体にいいと言えます。
もちろん、太りにくいです。

ダイエットをしなければいけないと思っている方は、ここからはじめてみるのがいいでしょう。
私自身、結構いろいろ食べていますが、まだMAX体重63キロまでは余裕があります。
理想を言えば、56~58キロくらいがいいんですが、無理せずやっていきますよ。

2015年6月25日 (木)

絶食30日のあの方とダイエットについて。

いやあ、あの俳優の方の30日間絶食はインパクトありましたね~。
水だけの摂取で30日でマイナス9キロ。
体には異常なし。
もちろんメディカルチェックをこまめにしてたみたいですが、それでも動機がちょっと凡人離れしていましたね。
痩せる目的、健康になる目的とは180度異なり、食べずに生きれるかを確かめたかったとのこと。

これを一般の方が真似しようとしてもまず無理でしょう。
大体において、そんな動機を持つことが無理ですから。
よほど、超人的な人でギネスに記録を載せたいか、実験結果によって莫大な利益が得られるのなら動機として納得がいきますが、もしかしたら死んでしまうかもしれない、病気になるかもしれない、食べたいものが食べられない、誰にも評価されないかもしれない、そんな精神状態で30日間も生きるのは過酷意外の何物でもありません。

ということで、このようなことを一般の方はやめましょうという忠告です。
まあ、こんなことを忠告すること自体、馬鹿げてはいるのですが、人は時に視野が狭くなってしまい、いろんな物事が見えなくなってしまうことが多々ありますから要注意です。

で、もしダイエットをするのなら、ずっと続けられるダイエット法にしてください。
2週間とか1か月間とかではなく、これからずっと続けられる方法を。

それこそが本当の意味でのダイエットであり、健康的な方法だからです。

もしあなたが1日1食ダイエットをやっているとして、それを死ぬまで続けられますか?
炭水化物を摂らないダイエットをやっていて、それを死ぬまで続けられますか?
過酷なトレーニングをやっていて、それを死ぬまでやれますか?

上記のダイエット法は確かに短期間で効果が出しやすいダイエット法ベスト3かもしれません。
ただ、それは長い人生においてのほんの短い期間での成功に過ぎません。

結局、人は食べないと生きていけないし、体も適度な動きがあった方がうまく回るし、休息も必要です。
その中で、自分に合ったやり方をみつけ、一生続けられるくらい簡単な方法こそがあなたにとってのベストダイエットです。


ちなみに私の今現在のダイエット法はというと、


①自転車通勤(毎日20分程度)

 ※ただし、雨の日や休みの日は、車を使用というゆるいルール。

②一日2食、たまに3食。

 ※無性に食べたくなったら、そのときは食欲がおさまるまで食べるというゆるいルール。

③たまにストレッチ

 ※やると気持ちいいからやるだけ。気持ちよくなくなったらやめるし、たまにしかやらないというゆるゆるルール。

④休みの日はなるべく体を使った楽しい遊びをする。

⑤眠くなったら寝る。

⑥食べたいものを食べる。

⑦食欲がなくて食べれないときは食べない。

⑧コンビニ食を減らした。

⑨ろばた大将炙り焼きでたまに調理。

 ※実際にこれで痩せたという方がネット上にいます。余計な脂が落ちるし、旨みもUP!


まあ、こんな感じでしょうか。

どうでしょうか。かなりゆるいダイエットですよね。なのでまったく無理なく続けられています。

これによって、前より2~3キロは落ちています。
確かにここからさらに落とすには、どれかにもうちょっとだけ手心を加えないといけないんでしょうが、ゆったりやっていきます。
これから夏だし、プールや海に行けば自然に汗かいて、痩せますしね。

なので、ライザップや食事制限は確かに効果が短期間で出るので一度は喜ばれますが、その効果が永久に続くためには、その劇的なダイエットも続けていかないといけないということを肝に銘じてください。

人には人それぞれの個性があります。
体型だって、食欲だって、運動だって個性だらけです。
その個性を無視して、どっかの有名人が成功したからといって、自分も!!と後を追うのは無謀です。
そのどっかの有名人は、成功すれば巨額の報酬を得られるから頑張ったんだし、その成功によって仕事が増えるからという算段の元、死にもの狂いで頑張れたんですから。

一番のダイエット法は、楽しんでできるものです。
もし今のダイエットが楽しくないなら、さっさとやめて、楽しいダイエット法を探した方がいいです。

そうすることがダイエットの第一歩になります。

2014年9月 5日 (金)

徒歩 

サトシです・・・。

自転車がパンクしたとです・・・・・・。

もう歩くしかないとです・・・・・・・・・・・。



ということで、パンク修理道具もないし、パンク修理を自分でやったこともないので、パンクした自転車を家に放置して、歩いての通勤です。

すると、徒歩でも25分以内で到着しました。

でも自転車だとその3分の1の時間で着くんだよな。。。



なので、ダイソーとセリアでパンク修理セットを探しました。

これ、買うならセリアがいいですよ!!

セリアなら、必要なものがすべて入った修理キットが100円で買えます。

そして、ネットで修理のノウハウを収集。



そしたら、自分でも案外簡単に修理できました!!



これなら2回目はもっとスムーズにできるでしょう。

そして、新たに、これもセリアで買ったLEDのめっちゃ明るいライトを取り付けて、NEWバイセコーの完成です。

今の時代、セリア様さまですね。
パンク修理に出しに行く手間、費用を考えると、やはり自分でできた方がいいです。

初期の所用時間は30分。
初期費用は200~300円程度。

2回目以降はおそらく所要時間15分。
費用は、50円未満。

これは、スキルとして持っておくに越したことはないですね。






2013年7月 2日 (火)

歩くだけで疲れる人へ

以前、自分もちょっと歩くだけですぐに疲れたり、次の日にすねが筋肉痛になっていたりしました。
でも今は、長く歩いてもまったく疲れなくなりました。

それは歩き方を変えたからです。
どう変えたかというと、主に歩くときに使う筋肉をももの前側からももの裏側に変えただけです。
実はこうすることで、まったく疲れずに歩けるのです。

ポイントは、体重が前にかかりすぎるのではなく、後ろに残すというところです。
なので歩くときに必ず前に足が出ますが、実は後ろに残った足に体重の半分以上がないとダメなのです。
ちょっと歩いて疲れる人は、みな前に出した足に体重が乗りすぎています。

また、足裏のどの部分に最も体重が乗ればいいかですが、これは内くるぶしに近い辺りにかかるのが正しいです。

以上のことができて初めて、ウォーキングの成果が出るのです。
逆にこれらのことができていないで、たくさん歩きすぎると疲れますし、膝や股関節や足首を損傷させやすいです。

整体院ナチュラルスタンダードにくる、膝痛のお客さんはももの前側の筋肉が異常に強すぎる人ばかりです。つまり、ももの裏側がももの前側に比べて弱すぎるのです。

ちゃんとした歩き方の指導を受けたい方は、ぜひいらしてください。


整体院ナチュラルスタンダード 院長 川上諭

(予約電話番号:018-893-4785)






2013年3月15日 (金)

からだについて

以前、購入していた手技療法の本を久しぶりに読んでいると、当たり前だけど大事なことが書いてあったので、ここで紹介したいと思います。


「からだは隅々までよく使うことが大事です。」


つまり体というものは、ある程度は使っていかないとダメだということです。もちろん使いすぎは厳禁ですが、そういう人はごく少数ですし、まずほとんどの人が隅々まで体を使ってはいません。ある一定の部位しか使っていないために、そこに疲労が蓄積し、筋肉が硬くなっています。さらに使っていない筋肉も、組織が短縮し、いざ使うときに使いにくいものとなってしまいます。

だから、体はできるだけ、均一に使い続けることが大事なのです。

この考えのもと、久しぶりにラジオ体操と、昔、運動前によくやっていたような柔軟体操をやってみました。すると、太ももの後ろ側がその日のうちに軽い筋肉痛を起こしていました。その程度の準備体操で筋肉が疲労するくらい、使ってなかったんですね。


よく私が院内で言うことですが、からだは気持ちよさや心地よさ、爽快感がなければ継続してやりたいという欲求を覚えません。運動や体操やエクササイズやヨガをただ単に、からだのためだからとか健康のためだからとストイックにやるのは、あまり望ましくありません。できるだけ、ここを伸ばすと気持ちいいからとか、汗をかくとスッキリするからという風に、体が感じるプラスの感覚に従って行うことが重要です。


そのあたりを踏まえて、気温も幾分上がってきたようですし、外で気持ち良く体を動かしてみましょう。

2013年2月21日 (木)

長寿の秘訣

昨日の続きで、今日は長寿の秘訣について。

①一日3食で腹7分。

②7時間睡眠。

大事なのがこの2つです。
ポイントは7ですね!

要するに1日1~2食をがっつり食べるより、3食を腹7~8分にする方がいいということですね。

あと体脂肪ですが、これはあり過ぎてもダメ、なさ過ぎてもダメです。
男性なら15~20%、女性なら20~25%がいいですね。

ぜひ、健康なまま長寿を目指していきましょう。

より以前の記事一覧