« 秋田市太平の藤倉ダムの紅葉(もみじ) | トップページ | いきなりステーキ(秋田初出店) »

2018年11月 5日 (月)

湯の越の宿(五城目)

日曜日は大体、温泉に行くのですが、今回は五城目方面だったので、コチラへ。

湯の越の宿さん。

硫黄のにおいがしたかけ流しの源泉らしいです。

五城目の奥の方へい行くとあります。

坂があって、そこを車で登ると入り口があります。

あまり台数停めれないので、坂をさらに上に行ったり、坂の下の方に停めたりしないとダメな時間帯もありそうです。

宿泊もできるみたいです。

入り口は広いつくりになっていますが、中は古い感じ。

貴重品入れのロッカーはありません。

ですので、フロントに手荷物を預けました。(ちょっと不安)

さてお風呂。

結構こまごまと、貼り紙でルールが書かれてますが、要するに、浴槽に入る前に体を洗いましょう!! 上がったら体を拭いてから脱衣所に入りましょう!! という暗黙のルール。

まずは、頭と体を洗います。

が、置いてあるボトルが少ない。

白い容器は、ボディソープと書いてある。

じゃあ、この半透明ボトルのピンク色の液体がシャンプーか?

結果的に、実はこれもボディソープでした。

シャンプーはフロントで50円で販売してたとか。

つまり、髪をボディソープで洗いました。

後で、娘たちに話したら大爆笑していました。

久しぶりのこのキシキシ感ww

気を取り直して、お風呂へ。

凄く温まります。

硫黄のにおいは、栗駒山荘の温泉に比べれば、かなり薄いです。

そこまで、肌に残りません。(最後にシャワーをすれば)

泉質はかなり良さそうです。

本当にお湯だけを求める方向けの温泉ですかね。

オススメ度65点。




« 秋田市太平の藤倉ダムの紅葉(もみじ) | トップページ | いきなりステーキ(秋田初出店) »