« ワールドカップ2018 ロシア大会 | トップページ | 新潟 »

2018年7月23日 (月)

押されすぎ、ほぐされ過ぎにご注意を!!

最近、他店舗でほぐされ過ぎたり、揉まれ過ぎたり、無駄に強い力で押されている人たちの体を施術する機会が増えてきました。

筋肉は、繊維質なので、無理に強い力で触れると繊維が壊れてしまいます。

その繊維質が壊れたときに、一時的に柔らかい状態になるように感じるので、それを良しとしている施術者やお客さんはかなり多いようです。

しかし、人の体は生モノで、生きていますので、筋肉は壊されたら、直そうとします。

そして、次に壊されないように、最初よりも硬くなります。

つまり、繊維質を壊すほどのマッサージやストレッチでは、逆に身体を硬くしてしまうのです。

当院のお客さんの体を見てみると、硬い部位は、肩や背中が主ですが、他店の力任せに施術を行っているところのお客さんは、腰の下の方や、膝裏や首などの本来は柔らかい部位が異常に硬いことが多いです。

これは完全に揉まれ過ぎです。つまり、筋肉を壊され、質の低下をさせられています。

このような筋肉では、スポーツをしている人は、まず、良い結果を出すことが難しくなるばかりか、ケガをしやすくなります。

スポーツをしていない方は、より、いろんな部位が短期間のうちに重だるくなります。

硬い体は、血行も悪くなりやすいからです。

かといって、柔らかくしたいときに、無理なストレッチは禁物です。

軽いストレッチならまだ、効果を期待できるかもしれませんが、きついストレッチでは、体は柔らかくなりません。

ですから、自分の体を向上していきたいのであれば、それ相当のやり方でなければダメです。

あまりにも、いい加減な、その場しのぎの施術が世間で増えてきているので、注意してください。

« ワールドカップ2018 ロシア大会 | トップページ | 新潟 »