« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »

2017年10月に作成された記事

2017年10月23日 (月)

秋田商業のキッズイベント

昨日は、児童館隣の建物で秋田商業のイベントがありました。

子供たちが実際に働いて、お金(メルク)を稼ぎ、そのお金でいろいろなものと交換ができるという楽しいイベント。

働く場所は、その空間内にあるハローワークで募集が出てるところから選び、40分程度ワーク体験をするというもの。

いろんな職業体験があり、消防士や警察官、銀行や税務署、病院に新聞社、テレビ局、コンビニ、ホットドッグ屋さん、ピザ屋さん、ポップコーン屋さん、ジュース屋さん、パン屋さん、たこ焼き屋さん、アイス屋さん、花屋さん、結婚式場、ネイリスト、食堂、など多彩。

働くと550メルクという仮想通貨がもらえ、そのうち50メルクは税務署に収めるという決まり。

脱税はできませんw

うちの子達は、ネイリストとたこ焼き屋と病院と税務署で働きました。

貯まったお金で、ジュースやパンやアイスを買ったり、花や手作りグッズなどと交換しました。

ババヘラアイスまで食べれて、嬉しい。

下の子がやった税務署がなかなかに忙しくて、見ていて面白かったです。

会場内にはたくさんの小学生とその親たちで熱気むんむんでした。

エレベーターは使えずに、階段での利用だったの、なかなか足が疲れましたが、いい体験ができました。

これは、もう少し広い場所で1フロアか2フロアでできたら最高ですね。

なかいちとかでもやれば面白いイベントだと思いました。

うちは来年も多分行くと思います。

かなりオススメなイベントですよ!!

2017年10月18日 (水)

頭痛について。

頭痛で悩んでいらっしゃる方は、かなり多いと思います。

私も中学生のころから悩まされています。

一般的に肩や首のコリを解消すれば頭痛が治ると言われていますが、これで治る頭痛は軽度のものです。

いわゆる緊張型頭痛といわれるもので、筋肉が凝り固まったことで、血流が悪くなり起こる頭痛です。

重度の頭痛の場合は、肩を揉んでも治りません。

以下の原因によって、重度の頭痛は発生します。

・水分の取りすぎ、むくみすぎ、水分代謝が悪い
・全身冷えている
・お腹の調子が悪い

対策としては、体を普段よりも温かくし、汗をじんわりとかくこと。

体は水分を出したがっているので、

・あくびをたくさんさせて涙で出させる
・吐き気をもよおし、胃液を出させる
・尿を頻繁に出させる

などの行為をオートで行ってくれています。

ですが、これらのことで水分を体外出すのは、なかなか時間もかかるし、胃液に関しては相当からだを酷使してしまいます。

ですので、

・お家で集めのお風呂につかる
・厚着をして毛布と布団にくるまって寝る
・サウナや温泉で温まり汗を出す。

をして、汗として体外に水分を出すことが一番はやいです。

重度の頭痛持ちの方の体を見ると、必ずといっていいほど、冷え切っていて、むくんでいる部分が多いです。

これは体に余計な水をため込みすぎている証拠です。

水分補給は大事ですが、こういう方たちには、補給よりも出すことを意識してもらった方がいいです。

私自身、頭痛が起きたら、必ず厚着をしたり、熱めのお風呂かサウナで汗をかくようにしています。

頭痛薬よりも自然に治せて、コストもそれほどかからないのでおススメです。

なので、軽い頭痛はマッサージ等で治る場合が多いですが、重度のものはマッサージでは治りにくいということを覚えておいてください。

中度の人の場合は、全身ほぐして(特に脚)、血流をよくし、その間に保温もすることで、体がポカポカ温まって、頭痛が治まるケースもあります。

もし、頭痛でお悩みの方がおりましたら、一度当院にお越しください。

病院や、書店や、ネットでは教えてくれない、真(新)情報をお伝えできると思います。

2017年10月16日 (月)

森吉山の紅葉

昨日は、1年ぶりに森吉山に紅葉を見に行ってきました。

きのこ汁がその日だけ振舞われるということで、混雑を予想していましたが、去年よりも人が少なかったです。

おそらく紅葉のピークが少しずれていたせいでしょう。

それにしてもきのこ汁は美味しかったです。

山の麓で、清々しい空気の中食べるとなおさらです。

その後、ゴンドラに乗り、山腹まで上がりました。

ゴンドラを降り、150メートルくらい山を登りましたが、なかなかキツイ。

登山をしてるご高齢者は相当足腰が強いというのがわかりました。

紅葉が終われば、もう冬が間近まできているといるわけで、また寒い季節が来るわけで。

そんな秋を感じた一日でした。


2017年10月13日 (金)

八戸~十和田へ。

昔はなかった「秋休み」。

今の小学生は羨ましいです。

その休みを利用して、青森県の方へ行ってきました。

高速の東北周遊パスみたいなのに登録すると、北東北3県内であれば高速道路を使い放題6000円(二日間限定)ということなので、遠回りだけど北上経由で八戸に向かいました。

北上まではやや遅いけど、東北道に入ってからは速い速い。

100キロ規制なので、ビュンビュン。

秋田中央ICを7:20くらいに通過して、八戸是川ICに着いたのが10:00くらい。

なので2時間40分くらいで目的地に行けました!

自分の運転で八戸に来たのは初めて。

行き先は、「こどもの国」。

こどもの国といえば神奈川県のイメージが強いですが、八戸にもあったんですね~。

って多分名前が一緒なだけかな。

かなり広い敷地に遊園地・動物園(猿山とか小動物)・植物園・バーベキュー場などがあります。

あと面白いのがそりゲレンデ。

ここは夏でもそりが楽しめます。

なので、ここに行くにはそり持参でいくべきです。

遊園地は、かなりリーズナブル。110円でブランコがぐるぐる回るアトラクションに乗れたりします。

そこで遊んでからは、八食センターへ。

秋田でいう所のまるごと市場と市民市場が合体したような感じですかね。

その中の市場寿司という回転寿司で夜ご飯をとりました。

回転寿司とはいえ、扱う食材は、かなりの高級なもの。

なのでお値段もかなりします。

けど美味しかった。

八戸といえばやはり「いか」。

それからウニの入った「いちご煮」。

そして「マグロ」。

今回は長崎産のマグロでしたが、かなり美味しかったです。

赤身も中トロも美味しい。

青森のムラサキウニとバフンウニは高かったけど、次にいつ来れるかを考えたら、食べるしかない。

やはりうまい!!

その後、十和田の方のホテルへ移動。

次の日は、奥入瀬渓流と十和田湖へ。

奥入瀬はかなりいいですね。

帰りはいつもの「ゆめろん」によってから帰宅。

なかなかいい旅でした。

2017年10月 5日 (木)

弱虫ペダル

私が今現在読んでいる漫画は3つ。

一つ目は単行本を買っている「進撃の巨人」。

二つ目は、遅まきながら最近子供と一緒にハマっている「ワンピース」。

三つ目は、毎週立ち読みしている、「弱虫ペダル」。


弱虫ペダルに関しては、主人公が1年生の時のインターハイのあたりの単行本は持っているけど、2年になってからのインターハイは、1年の時と比べると盛り上がりに欠けるので買っていない。

しかし、ここに来てようやく盛り上がってきた。

残るメンバーは、総北が今泉・鳴子・手嶋・小野田の4人。

キャプテン手嶋の策が功を奏するか。

来週号が楽しみです。

持久走(秋)@八橋競技場

今日は、3年生以上の持久走。

春のときは見に行けなかったので、今回はバッチリ行ってきました。

行くと、すでに4年生が走ってる。(順番がよくわからん)

次は3年生だ。

走る前の準備体操とか、みんな楽しそう。

まずは女子から。

おそらく春の順位順でのスタート。


次女もそうだったけど、持久走の作戦は後追いに限る。

先行逃げ切りはよほどの実力がないと成功しない。

後追いなら、最初はゆったり行き、皆が疲れてきたころに少しずつペースを上げていくので、抜かれるということがまずない。

さらに後追いタイプの子はそんなにいない。


持久走で、続々と抜かれていくのは精神的にかなりきついので、長女が1年生の頃からこの作戦でのぞんでいる。

これは、私が高校3年生の頃、体育の時間に短距離走と持久走をやった時のことが教訓となっている。短距離走でクラスで1位か2位のタイムだった私は、調子に乗って、次の持久走でも最初から飛ばすことになる。
半分くらいまでは1位だったけど、結局スタミナ切れで、10人以上に越されるという屈辱を受けた。

なんとなく抜いていく人たちの背中が、申し訳なさそうだったのを覚えている。

そりゃあ、毎日部活動で走りこんでいる人たちには、かなわない。


なので子供たちには、持久走を楽しく走ってもらいたいので、最初から飛ばしすぎないように教えてきた。

どう考えても後で、抜いていく方が楽しい。

同じ順位だったとしても、抜かれて抜かれての10位よりも、抜いて抜いての10位の方が気持ちがいい。

そういえば小学校のとき、町の持久走で奇跡的に3位を取った時も、1位になった人は、最下位から全員を抜いて最後に1位になった。

もちろん、先行逃げ切りもカッコいいけど、ゴボウ抜きしていく方がより魅力を感じる。


そんなこんなで、もうそろそろ長女には持久走で勝てなくなりそうです。

なので偉そうなことを言えるのも、あとちょっと。

来年の春に向けて、少しは走れるようにしておかないとな。

2017年10月 4日 (水)

ドンジャラ

小さい頃、近所の友達のおうちにキン肉マンのドンジャラがあって、何度かやったことがありました。

そのときから、ドンジャラは面白いもので、持っている人がうらやましいという気持ちがどこかにあったのでしょう。

昨日、長女の誕生日だったので、自分がやりたい思いで、プレゼントをドンジャラにしました。

ちょうど、親子ともどもワンピースにハマっているので、ドラえもんのではなくワンピースので。

そしてさっそく家族4人でやってみたら、麻雀にかなり似てたんですね。

牌が9枚で役を作り、リーチやロンや自摸あがりなんかは同じルール。

これなら、いずれは麻雀牌を買ってもいいかも。

今回のドンジャラは強いて言うなら、もうちょっと牌が大きければよかった。

それでも割と楽しめそうだし、Amazonならかなり安値で買えるので子供のプレゼントにはいいかもしれません。

2017年10月 2日 (月)

持久走【秋の陣】

運動会以上にシビアな戦いがそこにはある。

ゆとり教育なんて微塵もない競争化社会。

そんな小学校の行事が年2回の持久走だ。


本日は、1年生と2年生。

場所は小学校グランド。

1年生はグランド2周(400メートル)

2年生はグランド3周(600メートル)


ちなみに3年生からは、本格的に陸上競技場のトラックを走る。


この恒例の行事の練習のため、自分も少なからず持久走を一緒に走る期間があるわけだ。

昨日も一つ森公園で持久走の練習をした。

持久走は、練習の成果が出やすい競技だと思う。

やればやっただけ、結果に反映される。

それがわかっているから、直前の練習は欠かせない。


そして、今日の結果は、春よりも9つ順位を上げることになった。

こういうふうに練習した甲斐があると、つらくてもやって良かったし、これからもやろうと思えてくる。

さすがに通年で走り続けることは無理だけど、春と秋なら気候的にも走りやすい。

さて、三日後には、今度は上の子の持久走だ。

春には見に行けなかったので、今回は絶対に行こうと思う。

ということで、10月5日(木)は11時からの営業となります。

ご了承ください。

上の子は3年生だけど、一緒に走ると、父親の方がバテバテになる。

800メートルという一番過酷な距離なので、残り3日、練習して、成果を出せるようにサポートしてあげたいものだ。

« 2017年9月 | トップページ | 2017年11月 »