« Bリーグ1年目 | トップページ | 否が応でも »

2017年5月17日 (水)

ハピネッツロスからの

ハピネッツの2部降格は、予想以上にショックであることを今さらながら気づきました。
降格が決まってからのこの数日、かなり気が重いです。
ですが、私がいくらあれこれ考えたところで、どうにかなるものでもないのも事実。

佐竹知事を見てください。
B2降格が決まると同時期に、J3現在1位のブラウブリッツのスタジアムを新設する意向を示しました。
この臨機応変さは見習いたいものです。
やはり、秋田がJ2に上がれるのなら上がってほしいですもんね。

さて、Bリーグのシーズンがほぼ終わってしまったので(ハピが今期終了したので)、NBAのプレイオフに注目です。
一番の注目は、175センチの小さな巨人、アイゼイア・トーマス率いるボストン・セルティックス。

カンファレンス決勝は、去年の王者キャバリアーズ。
今のバスケ界のキング、レブロン・ジェームズをはじめ、ケビン・ラブ、アービング、カイル・コーバーなどの素晴らしい選手が揃っています。しかも、去年はこの時期ケガでいなかったJRスミスがいます。

そして、もう一つのカンファレンス決勝は、ウォーリアーズVSスパーズ。
ウォーリアーズは、ステフィン・カリー、クレイ・トンプソン、ドレイモンド・グリーンに加え、今季はあのケビン・デュラントがいます。
これだけタレント揃いですがチームとしても機能していて、ベンチプレイヤーのイグドラやリビングストンやマギーなんかもものすごく強い。

こりゃ、ウォリアーズで決まりだな、と思っていましたが、常勝軍団スパーズはさすが。
第一戦でかなり良い闘いをしました。
ただエースのクワイ・レナードが途中ケガで退いたのが気になります。
正直レナード抜きではウォリアーズに勝つのは難しいでしょう。

ということで、ファイナル決勝は、ウォリアーズVSセルティックスかキャバリアーズでしょう。

個人的にはセルティックスを応援しようかなと思っています。
やはりアイゼイヤ・トーマスのプレイは凄すぎますから。
あの強豪のワシントン・ウィザーズを接戦で制したというのはチームがノッている証拠。

これからの何日間はNBAに釘付けですね。


Bリーグの方もチャンピオンシップや、B1,B2の入れ替え戦などが残されていますが、正直虚無感が強すぎて、あまり見る気になれないのが実際のところ。

ハピ戦士たちが来季は、別のB1チームに散り散りになるんじゃないかと今から不安で不安で仕方ありません。
特に安藤誓哉選手がいなくなった後なんかは(まだわからないけど)、よほどのPGを加入させないと来季のB2王者は難しいでしょう。

ここ数年のハピのPGを見ていると、そうそうたるメンバーであったことがわかります。

富樫・・・千葉ジェッツで大活躍。

竹野・・・西宮ストークスキャプテンとして、見事B1昇格を決める。

安藤・・・日本代表にも選ばれるガード。今季ハピネッツは彼がいたからこそ成立しました。

個人的には、安藤誓哉がSGのポジションでバンバン点を決めるところを見てみたいです。(1試合20~30点くらい)
なので移籍するならしっかりとしたゲームメイクができるPGがいるチームが望ましいように思うのは僕だけでしょうか。

PGというポジションは2パターンあって、アシストやゲームメイク中心にチームに貢献するタイプと、自ら点を取りに行くタイプ。
もちろん、そのバランスによって幾通りにもなるわけですが。

でPGらしいPGといえば、三遠の鈴木達也選手や川崎の篠山選手、渋谷の伊藤選手栃木の田臥選手などですが、後者の攻撃型PGは千葉の富樫選手や滋賀の並里選手、そして秋田の安藤選手かなと思います。
新潟の五十嵐選手や名古屋の笹山選手、北海道の多嶋選手は、バランス型かな。
ちょっと違うか。

どのみち、安藤誓哉選手には、日本代表として、世界でも活躍してほしいので、どのチームに移籍しようとも、悔いはありません。

にしても、来期のB2、東地区は東北六県って・・・。
大丈夫なのかしら・・・。
そして、B1東地区が強豪だらけなのもどうなのかしら・・・。
心配でおかま言葉になってるし・・・。

来季のB1東地区は、抜けた秋田と仙台の代わりに、おそらく渋谷か川崎か横浜(残留すれば)が入るでしょうけど、横浜が仮にB2に降格してしまったら、

北海道
栃木
千葉
東京
渋谷
川崎

ですか?

秋田がもし今回残留できていたら

北海道
秋田
栃木
千葉
東京
渋谷

これだといくらB1に残れたとしても、来期の勝ち星は今季よりも厳しいでしょう。

なので、今回B2に降格したことは、再来年のためのチーム力UPのためと捉えることにしようではありませんか!!

優秀な生徒「でも、先生。再来年は、もっとB1東地区は強化されているんじゃないでしょうか。現に政府も全国数十か所にバスケ用のアリーナを作ると宣言してましたし・・・。各球団にはトヨタに日立に東芝というバックがついてますし。まして栃木と千葉のバスケ人気はものすごいですし。北海道も動員数が秋田以上ですし。」

私「その通り!!!君はとても賢い。」

そう、Bリーグが、これからもっと盛り上がっていくと仮定すると、間違いなく海外選手たちのレベルも上がり、また選手の年棒も上がり、球団の力の差がついてくると予想されます。
そうなると、ますますハピネッツは不利になるかもしれません。

なのでこうなったらブラウブリッツの専用スタジアムとハピネッツの専用アリーナを併設しようではありませんか。
そしてハイブリッドに応援すれば・・・。

夢物語ですね。

かなりB2降格ショックが強かったようです。

以上。長々とスミマセンでした。

« Bリーグ1年目 | トップページ | 否が応でも »