« TDK歴史みらい館 | トップページ | 憧れの燻製に挑戦 »

2017年5月22日 (月)

Bリーグ初代チャンピオンは?

Bリーグ1年目もあとわずか。
残り1試合となりました。

決勝(ファイナル)は川崎VS栃木。

順当と言えば順当だけど、準決勝(セミファイナル)が熱かった。

川崎はアルバルク東京に、栃木は三河に勝ったわけだが、かなりの僅差であったことは間違いない。

特に三河に関しては、とても悔しい終わり方だっただけに金丸や比江島の来季が楽しみだ。
多分2年目の王者は三河だろうと予想しておく。

それにしても栃木は最後よく勝った。
同じ東地区なので、どちらかと言えば栃木を応援していたけど、ここのチームはベンチプレイヤーが強すぎる。
今回は熊谷の活躍が1番で、渡邊とギブスもいつも通りの大活躍。
この3選手は他の中堅チームならスタメンに入るだろう。

そしてライアン・ロシターの凄さを目の当たりにした感じになった。

なんていうか、強いチームの外国籍選手って、チームのために本当に一生懸命で、日本人以上なんじゃないかと思うくらいすごく献身的。
ロシターもブレントンもギブスも栃木にはいなくてはならない選手。

決勝は、間違いなくロシターVSファジーカスになるだろう。

川崎は、キャプテンでPGの篠山が絶好調だし、栃木には田臥がいる。

ロースコアになるか、ハイスコアになるかはわからないが、接戦になれば面白い。
もしかしたら川崎の大量リードで終わるかもしれないが、栃木にはぜひ喰らいついていってほしい。

それから横浜VS広島のB1決定戦もある。

これも面白いカードになった。

広島のHCはあの佐古さんだ。

対する横浜は、ハピネッツに逆転勝利をした強敵。
もちろん横浜にはB1に残留して欲しいが、正直どうなるかわからない。
エース川村の出来で大差で勝つか、それとも僅差になるかが決まると思う。

この2試合が終わると、いよいよ選手の移籍がスタートする。
これも楽しみだ。

サプライズ移籍はあるのだろうか。
絶対あるだろう。

これから夏に向けて、チーム編成が成されていく過程こそ面白い。

« TDK歴史みらい館 | トップページ | 憧れの燻製に挑戦 »