2017年2月20日 (月)

勝利の方程式

横浜との2連戦、見事に連勝してくれました。

やはり、私がアリーナに見に行かなかったから勝ったのか。

テレビやネットで試合を観ましたが、ハピネッツが勝つときは、全選手が躍動している。

つまり、ベンチメンバーも全員プレイタイムをもらっている。

リードしているから、控え選手が出れるというよりも、控え選手が出ることでチームが上手く機能しているように思います。

サッカーワールドカップのドイツチームが正にそんな感じだったのを思い出します。

たしかベンチメンバー全員が出場したということで、まず日本では考えられない采配をあのニットが似合うレーべ監督はしたわけです。

ハピネッツの場合、例えば藤江選手が活躍した試合や高橋選手が活躍した試合は勝っている試合が多いし、菅澤選手が3P決めたときも盛り上がります。

このようにスタメンだけではなくベンチメンバーが活躍することが、勝利につながると思います。

もちろん安藤・谷口・田口・白濱の4選手の出来も大事だし、モリソン・スティーブンスがゴール下で躍動することも大事。
当然フリースローも大事。

フレッシュな若い力も必要。

なので、ぜひ総力戦で、残りの試合を戦ってほしいです。

もしかしたら、次の千葉戦(アウェイ)、勝つかもしれません。

ちなみに、横浜戦は、谷口選手とスティーブン選手が特によかったです。

白濱選手のディフェンス、安藤選手のPGとしての仕事、田口選手の3Pなど、降格線上にいるチームとは思えないくらい良かったです。

これなら、千葉・三河・栃木・東京とも十分に戦えるはず。

頑張れハピネッツ!!

2017年2月18日 (土)

ハピネッツ10勝目

今日の横浜との1戦、なんと大差で勝ったとのこと!!

これで10勝目。

それにしても、今期ホーム19戦中勝ったのが6試合。

ホーム勝率3.16

私が見に行った7試合は全部負け。

私が見た試合の勝率0.00

私が見に行かなかった試合は12戦で6勝

勝率5.00

この数字を見ただけで、自分が行かない方が勝つ可能性が高まる気がしてきました。



2連戦のときは、大差で勝った後が大事。

僅差で勝っても、大差で勝っても同じ1勝。

明日は接戦になるでしょうから、僅差での勝利を収めてほしいです。



世界中の誰とでも

以前はADSL回線でしたが、WiMAXというモバイル型のWi-Fiに切り替えたところ、かなり便利です。(面倒な配線工事もないし、月の使用料も安い。しかも持ち歩ける。)

インターネットと言えば、ちょっと前までは、光回線であったり、ADSL回線などのNTT系のものが主流でしたが、ここ数年でそれが覆りつつあったわけです。

これはスマホやタブレット、または各ゲーム機の普及によるところが大きい。

実際、WiMAXにしてから、一番先に何をやったかというと、任天堂のwiiUでインターネット対戦をテトリス&ぷよぷよでしました。
これは国内の人と対戦ができ、相手の出身県やランクなどが把握できます。

そして、最近ほとんどやっていなかった「マリオカート8」もネット対戦ができ、
こちらは世界中の方と対戦できます。

普通、深夜には対戦相手が少なくなるでしょうが、世界が相手なら関係ありません。
アメリカ、カナダ、メキシコ、フランス、イギリス、ドイツ、スウェーデン、ルーマニア、アルゼンチンなどたくさんの国の人と対戦しました。

それにしてもインターネットの仕組みが未だに理解できていない。

なんで、日本の裏側の国と瞬時にやり取りできるのか。

まあ、FAXの仕組みすら把握してない自分には無理な話だ。

それにしても、wiiUがこんなにいろいろ使えるとは今まで知りませんでした。

ゲームの他に、ユーチューブも見れるし、アマゾンのプライムビデオも見放題。

アマゾンのプライム会員は1年で3900円。月325円。

これで、かなりたくさんのドラマやアニメ、映画、テレビ番組を見ることができます。
もはや、ゲオやツタヤに行かなくても事足りてしまいます。

Hさん、情報ありがとうございます。

自分は、ただ単に、アマゾンで買い物するときに送料無料(普通は2000円以上でないと無料にならない)だし、いわゆる速達料が無料になるのでプライム会員になっていましたが、こんなに有意義な使い方ができるなんて。

そして今日も夜な夜な、世界の人たちとマリオカート8で戦うのでした。

2017年2月 9日 (木)

ぷよテト

懐かしのゲーム「ぷよぷよ」と「テトリス」。

これが一緒に楽しめるようになったのはいつからか。

それはわからないが、Wii U版の「ぷよぷよテトリス」をアマゾンで購入。

完全に自分一人がやりたくて買ったけど、家族みんながハマり、4人で対戦しています。

僕は、テトリスは得意だけど、ぷよぷよは普通の階段積みしかできないレベル。

なので、チーム戦とかをすると、結構勝てない。

娘たちが意外に上手い。
まぐれで3連鎖4連鎖、時には5連鎖を仕掛けてきやがる。

ハンデはあるけど、なかなか勝てない。

3月にニンテンドースィッチが出て、ぷよテトも同時発売されるそうで、定価が4800円だか5800円。

でも、Wii U版ならアマゾンで2500円以内で新品が購入できます。

頭の体操にもなるし、ストレス発散にもいいので、おススメのゲームです。

逃げ恥フィーバー

ワンクール遅れですが、ドラマ「逃げ恥」にハマり中。

子供たちもエンディングを見ながら恋ダンスを見よう見まねで真似して、

星野源がメガネを直すシーンまでやってます。

このドラマは、やはり主演の星野源が最高ですね。

あと会社の面々も面白い。

藤井隆と古田新太はめっちゃいいし、

大谷亮平もさすが。

星野源のお父さん役のモロ師岡は、北野武の映画「キッズリターン」で名演技をしていたので、さすが。

出てる女性陣も皆きれいだし、相当配役がいいドラマです。

やっぱり石田ゆり子がいいですね~。

あんなアラフォーそうそういないってば。

僕がよく見る刑事ものとかは見た後に、爽快感がゼロなものが多いのですが、
このドラマは気楽に見れて、見た後が爽やかな感じになります。

そういうところがヒットの秘訣でしょうか。

とりあえず、最後まで逃さずに見たいと思います。

二球の日

2月9日

二球の日


ということで、今日から4日間、超濃厚豚骨鶏白湯スープの「2代目海老そば改」1本でいくようです。

今、さっそく食べてきました。

二球オープンの日にも外で並んで待ちましたが、その時以来です。
なんだか、懐かしい。

11時前ですでに11人並んでいました。

私の後ろにも続々と列が。

食べた感想は、商品名通りの濃厚さ、これは知らなかったが極細麵、どでかいチャーシュー、海苔の上に香ばしい小エビがたっぷり。

これは、こってりラーメンが好きな人にはとてもいいと思います。

私にはちょっと、こってり過ぎるかなと感じました。

味も濃いめですし、通常メニューの海老そばや煮干しの方が好みです。

麺も太麺ですし。

今回の限定メニューのお値段は850円。

まあ、スープにコストがかかっているのでしょう。

それにしてもさすが二球。

平日の11時にも行列ができるとは。

それと、3月10日は有名店「山頭火」の日ですが、

その1か月と1日前が2月9日で二球の日。

もしかしたら、二球は山頭火を意識しているのか。

それはそれで後付けだとしてもスゴイ。

山頭火よりも一歩でもリードしようという意気込みを感じる二球。

今後も楽しみです。

2017年2月 8日 (水)

血と水と気と

体を健康に保つうえで大事なのがタイトルの3要素、

いわゆる「気・血・水」です。

東洋医学では、気・血・水の順番になっています。

これはどれが一番大事というわけではなく、3つとも超重要です。

とは、あまり難しく考えずに、ここでは空気、つまり酸素と二酸化炭素と考えていきましょう。

呼吸・げっぷ・おならなど、体内には気体が存在します。

この流れが滞ると体調が悪くなります。

はそのまま血ですので、一番わかりやすいでしょう。

体に必要不可欠な栄養を運んだり、気体である酸素や二酸化炭素を運ぶ役割もあります。

わかりにくいのがです。

要するに血以外の液体全般のことで、

例えば、唾液・胃液・リンパ液、涙、尿、汗のことです。

これ以外にも細胞内にある液体、脊髄の中にある脊髄液なども含まれます。

この水の流れが悪かったり、滞ることで、たくさんの症状が出ます。

片頭痛なんかは、その典型です。

この3要素の流れが悪いときに、症状があらわれます。

そういった意味で、筋肉をほぐすことは、すべての流れを良くするし、

呼吸が深くなれば自ずと気の流れが良くなります。

体を無理なく動かすことは、液体の流れを良くするので、血と水の循環に役立ちます。

激しい運動で筋肉を強張らせることは、諸刃の剣で、逆に流れを悪くする場合もありますので注意が必要です。

当院の施術を受けると、全身の適度な運動をやったのと同じ効果が得られます。

3つの流れが普段よりも良くなり、一度流れがつくと、長持ちします。

力まかせのマッサージでは、筋肉の質が悪くなり、最初よりも硬くなります。

すると流れが悪くなるので、すぐにまたつらい症状が出ます。

自分で体をケアする際も、タッチは、あまり強くしない方がいいです。

強くもむとだるくなったり、手が疲れます。

だるいというのは、血や水の流れが悪い時に出ます。

体調の悪い時は、3要素のうちのどの流れが悪くなっているのかを考えましょう。

もし水であれば、軽く汗をかいたりすると改善するかもしれません。

脇や鼠径部のリンパ節付近の軽い運動で流れが良くなり、症状が軽くなるかもしれません。

当院では、あまり東洋医学東洋医学した雰囲気はありませんし、西洋医学の要素もほとんどありません。

どちらにもメリット、デメリットがあると考えています。

そのうちの良いところだけを選んで、実際に使えそうなものだけを提供しています。

皆さんも是非、気血水を意識してみてください。

バスケブログ

このブログでのバスケ関連の記事が9割くらいになってきているので、
バスケブログを別で作りました。

そちらは、気楽にやっていきたいので匿名で、全国のバスケファンの人向けで書いております。

こちらでは、健康・テレビ番組・興味ごと・おススメ情報を中心に書いていこうと思います。

引き続きよろしくお願いいたします。

2017年2月 4日 (土)

いまさら見るのは恥だが気にはなる

TBSの大ヒットドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」が今日からABSで放送されます。
話題にはなってましたが、実際に見たことはないので、遅ればせながら見ようかと思います。

あらすじは、お客様から大体聞いているので把握済みですが、密かに楽しみなのが石田ゆり子と大谷亮平です。

どちらも脇役ですが、ガッキーと星野源以上にそっちが気になる。

大谷亮平に関しては、今やってる「奪い愛、冬」というドラマで知り、役がとてもいいので、注目していました。
あれはモテる男の典型だな。

石田ゆり子は、実は、中学くらいからずっと隠れファンです。
といってもそこまで熱烈なものではないですが。

ロンドンハーツの俺たちのナンバーワンという企画で、千原ジュニアが石田ゆり子をランキングに入れていて、共演者からは賛同を得られずに「え~」みたいな雰囲気になっていましたが、こっちが逆に「え~」という感じでした。

もののけ姫の声優は正直どうかと思いますが、年齢を重ねてもあの美しさはスゴイ。

TBS系列のドラマは、「家政婦のミタ」、「下町ロケット」以来です。

今更感は拭いきれませんが、見てみようと思います。

2017年2月 3日 (金)

ハピネッツの新戦力 「中山拓哉選手」

東海大学4年、中山拓哉選手がハピネッツに入団しました。

大学バスケ界で、東海大学と言えば横綱級の強豪。
その中でスタメンで出ていたのが中山選手です。

しかも、そのプレースタイルは、スピーディーで、
自ら切れ込むドリブル、そして味方がシュートを打ちやすいアシストパス、そしてシュート力、コートを走りまくるスタミナ、
どれをとっても期待できる選手です。

面白かったのが、彼の身長と体重と足のサイズです。

ハピネッツのマスコットキャラクターのビッキーの背番号は「82」。
確か、ハピネッツにちなんで82だったと思うのですが、
中山選手の身長は、182センチ、体重82キロ、足のサイズ28センチ。

もはや、ハピネッツに入るために仕上げてきたとしか思えない体のサイズ。

顔立ちは童顔で、好きな食べ物はパプリカ・ズッキーニ・ピーマンだそうです。
ピーマン作ってる方は是非差し入れを!!

なんとなく、ビーバーとかリスとかウサギっぽい顔立ちなので、すぐに人気が出るでしょう。

同じ、東海大学からは伊藤達哉選手という優れたプレイヤーが京都に入団したし、
こういうフレッシュな選手たちにも注目していきたいです。

安藤・中山の両選手が出たときのスピード・バスケットは見逃せません。

2017年2月 2日 (木)

安藤誓哉のすごさ

ハピネッツの試合を観れば、誰もが感じるのが、安藤誓哉選手の凄さです。

その安藤選手の経歴をたどって、ユーチューブで残っている動画を見ていると、
そのすごさがさらによくわかります。

高校時代は、あの名門の明成高校(宮城県)で、エース。
チームの得点の半分くらいを一人で取るまさに点取り屋。
鋭いドライブでゴール下まで瞬時に飛び込むスピードとドリブルのうまさ、
さらに、そこからフリーの選手へパスを出せる視野の広さ、
どれをとっても超高校級です。
シュート力に関しては、もうこのときからスゴイ!

明治大学時代も、活躍し、途中で渡米し海外挑戦をしています。
最初は語学で苦しんで苦労した様子でしたが、克服してチームメイトとコミュニケーションをとったりしてる姿を見るとこっちも嬉しくなります。

現役の若手NBA選手が集まる場で、修行したり、
そこで活躍して、カナダのプロチームからオファーがかかります。

チームの中での信頼も厚く、チームの中心選手でした。

その後、フィリピンのプロチームで活躍し、あの栃木ブレックスに入団。

そして、今期ハピネッツで大活躍。
15人の日本代表メンバーにも選ばれる凄さ。

彼のひたむきさを見てしまうとファンになってしまいます。

個人的には、彼にはSGの要素が強いと感じるので、
今回ハピネッツに入った、中山選手との連携とかもとても楽しみです。
そして、もっとガンガンシュートを打って、得点を伸ばすことで、
マークが集まり、パスを出しやすくなれば、アシストも増えるのではと、
密かに期待している次第です。

名門、東海大学の中山選手のインカレの動画も見ましたが、スタミナが凄くて、ドライブが上手い、さらにパス出しが上手い、3Pシュートも上手いととても楽しみ。

この若い力が今後のハピネッツ、または日本代表を引っ張っていってくれたら最高です。

もう最近は、高校、大学の有望選手まで動画でチェックしているバスケファンになりつつあります。

知らないだけで、すごい選手が沢山いるんですね。
アメリカの大学で活躍中の渡邊雄太選手や八村塁選手はNBAに行けるかもしれないし、Bリーグに入ったら、絶対に活躍するでしょう。

筑波大学の馬場雄大選手や杉浦佑成選手も絶対にプロで活躍するでしょう。

中山選手と同じ東海大の伊藤達哉選手も京都はんなりーずに入団が決まり、確実に出てくるでしょう。

日本のバスケは世界的に見ると、まだまだの位置づけなんでしょうが、
間違いなく今後どんどんランキングが上がっていくことでしょう。

ということで、今後はBリーグやハピネッツだけではなく、
視野を広くしてバスケを見ていきたいと思います。

まずは、来月のNBAオールスター。
これは欠かせません。

2017年2月 1日 (水)

2月は暦でなんだっけ?

早くも2017年の最初の1か月が終わりました。

なんだか、年を取るごとに、そのスピードが増してきますね。

20歳の人にとって、1年は今まで生きてきた年月の20分の1なので、当然、1日のシェアが大きい。

これに対して40歳の人は40分の1、60歳の人は60分の1、80歳の人は80分の1になるので、
1年や1日の重みが段々薄れてきます。

そのため、1年が早く感じるようになります。

これは、以前にもこのブログで書きましたが、本当にそんな感じです。

さて、タイトルの暦ですが、実際に使ってないと忘れてしまいますね。
12月の師走や5月の皐月、10月の神無月なんかは、たまに見聞きするので覚えていますが、
私の脳内メモリーは、今バスケ選手のデータでかなり埋まっているので、
生活に不必要なデータは、自動削除されていくというわけです。

1月、睦月
2月、如月
3月、弥生
4月、卯月
5月、皐月
6月、水無月
7月、文月
8月、葉月
9月、長月
10月、神無月
11月、霜月
12月、師走

私は、半分くらい忘れてました。

みなさんは、どれくらい覚えていたでしょうか?

国語の先生や書道家や詩や短歌をたしなんでる人、または現役の学生でない限り、12個全部をサラッと言える人は少ないんじゃないでしょうか。

頭の体操になりますので、即座にパソコン等で調べるのではなく、ちょっとだけ思い出そうとする時間を設けるのもいいかもしれませんよ。

まだまだ寒い2月(如月)ですが、体も頭も心も引き締めて乗り切りましょう。

2017年1月29日 (日)

6周年

2011年1月29日にスタートしたナチュラルスタンダードも、
今日でちょうど6年。

明日からは7年目に突入です。

今考えると、1月29日というのは、語呂で「いーにく(良い筋肉)」という意味でもあったのかなと、6年越しの後付け記念日。

振り返ると、開業後すぐに、震災で停電、そのすぐ後に次女誕生と、結構なハードなスタートでありました。

その頃から、ご来院いただいている方にもそうでない方にも、今後も精一杯の自分らしいサービスを提供していけたらなあと思います。

昨日は仕事後に、サンライフの体育館で一人バスケをしました。
バドミントンの利用者が6~7割、卓球が2~3割、そしてバスケは僕ひとり。
まあ、バスケのうまい人とかがたむろってたら、即帰ろうと思ってたので良かったです。
(いきなり1on1とか3on3に誘われたら、さすがに尻込みしてしまいます。)

久しぶりにやったけど、そこそこシュート感覚が戻ってきました。
といっても、ゴールから近い位置でのシュートですが。
ドリブルの制度もまあまあ。
パス練は相手がいないので壁で少しだけ。

何分くらいやったかわからないけど、ほどよく汗をかいたし、脚も重くなってきたので退散。

その後、家で階段を上るときに太ももの前側にきてました。
アラフォーだし、お客さんを見習って、自分も少し体を鍛えなおさないといけないなあと思いました。

そして、今日はこれから、ハピネッツの試合観戦。
都合により今日は一人での観戦。
ぜひこの目で勝ったところを見てみたいです。

今日で観戦は7回目ですが、まだ一度も勝利を見たことがないので。

GO!!ハピネッツ!!!

2017年1月23日 (月)

1月21日・22日のBリーグ試合結果

まず、ハピネッツ。
大阪での2連戦で2連敗。
でも、試合内容はそこまで悪くなかったし、延長戦までもつれ込んだし
ドンマイドンマイ。
とは、気軽に言えなくなってきました。
なぜかというと、他の下位チームが揃って勝ち星をあげてしまったから。

B1全18チーム中、まだ10勝していないチームが、
滋賀・富山・仙台・北海道・秋田の5チーム。
このままいくと、そのうち下位2チームは、必然的にB2降格。
さらにもう2チームも生き残りをかけて、B2の3位4位チームと戦わないといけません。
だからこそ、どのチームも選手補強などを行い、B1に残留するために必死なわけです。

週末の2連戦で、北海道は琉球に、富山は滋賀に2連勝しました。
そして、仙台も渋谷相手に1勝しました。
滋賀は、富山に2連敗。
秋田は、大阪に2連敗。

これによって、

北海道 9勝23敗

仙台   9勝23敗

秋田   8勝24敗

富山   7勝25敗

滋賀   6勝26敗

となりました。

現時点で見ると、秋田は下から3番目。

ただ、富山がいよいよノッテきてます。
ここのチームは、元から優れた選手が多いので、
今まで負けが多かったのが不思議でしたが、後半戦は、勝ち星を増やしてきそうな気がします。
エース城宝、若手のチームリーダー宇都はスターの素質充分、キャプテン水戸も絶好調。

また、北海道も調子が上がってきています。
ケガが多くて、前半戦は苦しみましたが、続々とケガから復帰してきて、活躍しています。
特に西川が凄い。
桜井・折茂・多嶋など、優れた選手が沢山いるので、ここも後半怖い存在です。
秋田は、北海道に前節22点差で勝つことができましたが、次はそうはいかないように思います。

仙台も、NBAから選手補強をした渋谷に勝つなど、侮れない存在。

東地区は、さらに東京・栃木・千葉の3強がいます。
正直、この3チームに勝率5割でいくのは難しい。
なので、いまのうちに交流戦で、少しでも勝っておかないと。

今週末の三遠とのホーム2連戦。
これはもう落とせない試合になってしまいました。

なんとか2連勝してもらいたいです。

GOGOハピネッツ!!!

雪寄せを楽しむ方法

昨日は、いわゆるドカ雪で、何センチ積もったんでしょうか。

家の周りもかなり積もり、どうしようか悩みましたが、
休みだし、時間もある、
ということで、発想の転換をして、この雪で何か作ろうと思い、
雪を集める作業に切り替えました。
すると、雪が足りない。

最初に作ったのが「かまくら」。
家の周りから雪をかき集めてきましたが、それでも中くらいの「かまくら」しかできませんでした。
でも、かまくらの中は静かで、風よけにもなるので、気温がとても温かく感じられました。

次いで、そり遊びができる小さな坂を作りました。
そのために、普段なら放置している道の隅とかからかき集め、なんとかそり遊びできるくらいの傾斜を作りました。

普段なら、どこに雪を捨てようか悩みますが、
こうやって目的があると、雪寄せも楽しいです。

今朝も、昨日作った坂をもう少し良くしようと集めました。
結構、広範囲から集めたので、近隣のお家の方にも、プラスになって一石二鳥。
汗もかいて運動不足解消もでき、一石三鳥。

これも、運よく向かいの空き家の駐車場のスペースに、雪を捨ててもいいと持ち主の方に言われたので、坂までできましたが、ちょっとしたスペースにかまくらや雪だるまをつくるだけでも結構な雪を消費します。

この時期特有の運動不足解消にもいいですし、何より汗をかくことがいいです。

余計な水分を体にためると、「水毒」といって、様々な症状が出ます。
よくある片頭痛なんかも、この水毒でなる場合が多いですし、目や耳や胃など、水っぽい器官の症状も体内水分の滞りで起こりやすくなります。

久しぶりに整体ブログらしいことを書きました。

この水に関しては、気・血とともに健康の3大重要要素となります。
これに関しては、また別で記事を書きたいと思います。

2017年1月20日 (金)

任天堂の新たなゲーム機「ニンテンドースイッチ」

「え?」

「もう??」

「はや!!」

Wii U発売からどれくらいたったでしょうか。

3月3日に、任天堂から新たなゲーム機が出るようです。

その名も「ニンテンドースイッチ」。

発売と同時に20種類以上のソフトも同時販売する模様。

往年の人気作、「テトリス・ぷよぷよ」や「ゼルダ」、「ドラクエなんとか」など多種多様。

これはマリオもいずれ出そうな予感。

調べると、Wii Uソフトとの互換性はないみたい。。。

う~ん。

マリオが出たら買おうかな。

2017年1月19日 (木)

救世主 イバン・ラベネル

昨日の、レバンガ北海道戦。
会場に見にいけばよかった・・・。

まずは、オールスターゲーム3Pコンテスト王者の田口が大爆発。
試合開始から、8点すべて田口。
これこそ王者の貫禄。
あの「おいさー」のパフォーマンスもいよいよ全国区に。

そして、なんといっても新加入外国人の背番号30番イバン・ラベネルですよ。
もうチームに溶け込んでる。
序盤の田口へのラストパスは、ほとんどラベネル選手からでした。
つまりパスのスキルも高い。
もちろん、あの屈強な肉体は、ハピネッツにはいなかったので、ゴール下での力強さという武器もある。
そして、ドリブルも上手いし素早い。
ラストのシュートも決める。
ダンクも豪快。

これは、新加入大当たりですよ!!

試合も22点差をつける大勝。

イバちゃんと呼ぼうか、ラべちゃんと呼ぼうか悩みますが、
本当にハピネッツの救世主です。

彼のおかげで、アウトサイドのシューターにフリーの瞬間が増えるし、
なんといっても、ゴール近くにいる彼になんとかパスをつなげば決めてくれる安心感もあります。
彼がシュートが無理でも、外にパスを供給すると、田口や安藤がフリーで打てて、3Pの確率も上がります。
また、モリソンとスティーブンスのプレイタイムや役割もはっきりしてくるので、この外国人プレイヤー3人の連携や交代もうまくいきそうです。
昨日は3人とも活躍してるようでした。

さあ、これで8勝22敗。
ちょうど半分の30試合が終わりました。
勝利を収めて、後半戦に入れることは、とてもいい流れ。

東地区においては、A東京・栃木・千葉が圧倒的に強いわけですが、
ハピネッツにはまずは4位を狙ってほしいです。

そのためには仙台と北海道には負けられません。

また中地区・西地区の4~6位にも負けられません。

当初から東地区は激戦区であると言われてきましたし、
千葉の台頭によって、それが現実味を帯びてきました。

ここにハピネッツが割って入れれば、本当に面白くなってきます。

ぜひ後半戦は、勝率を上げて、最終的には30勝30敗くらいまでもってきてほしいです。
そのためには後半戦は22勝8敗にしないといけないわけですが、もしかしたらそれも不可能ではないように思えます。

2017年1月17日 (火)

伝説になりそうなスリーポイントコンテスト

とりあえず、バスケ好きの方もそうでない方も、この動画をご覧ください。

私は、かなり震えました。

">

この相手の金丸選手は、Bリーグの日本人でナンバーワンスコアラーです。

NBL時代には、3Pコンテストで優勝しています。

対する、田口選手は、bjリーグ時代の3Pコンテストで2連覇しています。

対決後、マイクパフォーマンスで会場全体を盛り上げた田口選手、凄すぎます。

2017年1月16日 (月)

ケビン・パルマーが契約解除?!!

バスケットファンの皆様こんにちは。
とんでもないニュースです。

あのエース的存在のケビン・パルマーが契約解除だそうです。
幾度もチームを救ってくれたあのビックリするような奇跡的な3Pが見れなくなるのはとても寂しいです。

その代わりに、以前琉球でプレイしていた、PF兼Cのプレイヤー(イバン・ラベネル)が加入し、次節から早速出場するとのこと。

これはこれで楽しみ。

ハピネッツの弱点がインサイドであることは言うまでもなく、
アウトサイドは、日本を代表するシューター田口&安藤がいるので、チームリバウンドが50%以上取れれば、自ずと勝率も上がるはず。

やはりファンとしては、勝った試合をより多く観てみたいわけです。
ハピネッツ首脳陣も、悩んだ末にたどり着いた結果でしょう。

これで、2選手の新加入が決まりました。
次にアリーナに行ったときは、あれ?知らない選手が2人もいる。。。なんていうことにならないようにしたいですね。

今回のことは、寂しさも大きいけど、それ以上に期待も大きい出来事でした。

新屋大橋の川沿い土手での「そり遊び」♪

ずっと前から、あそこでのそり遊びは面白いという話は聞いていましたが、
実際に行くのは初。

どんな感じなんだろうと、あまり期待はせずに行きましたが、結果的に最高でした。

まず、場所ですが、茨島のイオンタウンを過ぎて、あの長い橋を渡る手前で左折。
そこまで行けば、車が沢山駐車してる&人が沢山いるのでわかります。

ここは、夏は雄物川の花火が打ち上げられたり、屋形船なんかが見られるところですが、
まさか冬のこの時期が一番熱いとは。

誰が整備してくれたのか、立派な駐車場や通路までありました。
これはありがたいです。

行ったのは、16時くらいでしたが、そり遊びをしている親子が100~200人くらいはいたでしょうか。
結構な斜度なので、スピードもかなり出ます。
川までの距離も十分あるので、川に落ちることはまずないでしょう。

私も実際に滑ってみましたが、かなりのスピードが出て楽しかったです。
子供たちも何度も坂を上っては滑ってを繰り返し、いい運動になりました。

やはり冬は、こういうので楽しまないとダメだな~と感じたので、できるだけ通いたいと思います。

«覆面リサーチ BOSS